スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死が無ければ

もし、人間に死が無ければ、今回の人質事件はありえません。とすると、イスラム国は何を持って敵を脅すでしょうか。生の価値以外のものがあるでしょうか?

例えば財産を奪うぞ!と脅す。しかし、この際の見返りが金や命ですから、意味がありません。死がないならば、お金も財産もあまり意味がないように思います。

恋人や奥さん、娘を犯すぞ!と脅せば、効果がありそうですが、死の恐怖ほどでもなさそうです。しかも、戦争が絡んだ国際的取引では効力はなさそうです。それに、死がない世界でその価値がどれほどのものかは、よくわかりません。死が無ければ、愛もちょっと変質するような気がします。永遠の夫婦とかカップルはいるでしょうか。

子供を虐待するぞ!と脅しても、どんなに虐待しても死ぬことはないので、それほどの恐怖ではないでしょう。傷ついてもいつかは完治する。

死の無い世界では戦争自体がないかもしれません。

死の無い世界は相当にだるい感じがありそうですが、快楽を貪る思考しない人間ばかりになりそうです。それが科学が発達した未来かもしれませんが、そうなったら逆に段々と死にたいと思う人も出て来るかもしれません。

死があってこそ、緊張感もあり、いろいろな意味が生まれるのかもしれません。今回のようなドラマも生まれるし、そこで考えることも出て来るし。考えるための装置が死かもしれません。死が無い世界の最も大きな問題は「死が無い」ことかもしれません。死が無い苦しみのために「狂い死ぬ」こともできません。

しかし、(たぶんあの世以外は)死の無い世界はありませんが、今の時代に死を怖がらない人はいるかもしれません。そういう人がこういう事件を起こす中に存在しているかもしれません。そうなると価値観が全然ちがうわけです。

昔は日本にも特攻隊がいましたが、死を恐怖していたようです。しかし、最近は死の恐怖におののいているのが嫌になっている人もいるのかもしれません。

他のブログからの指摘ですが、今回の人質事件と比較して、アメリカが無人機を使って殺傷していることはどうなんだ?となると、確かにこのやり方はスマートですが、身体を張ってやっているイスラム国の人に比べて、アメリカはゲーム感覚でできるわけですから、人命軽視もいいところです。どちらにしても、人の命を大事にしていない点は同じです。

田舎ではドンドン老人が死にますが、そこにあまり悲しみがありません。またか、、という感じです。

知らない者同士が、ネットで繋がり、一緒に自殺する事件も度々起こります。

「人を殺してみたかった」という19歳の女性の言葉も、生死の重さがわからない故の発言であり、行動だと思います。

「殺す」ことはほとんどない我々の日常ですが、この数日は人質事件、殺傷事件で「殺す」という言葉がテレビや新聞、ネットで何回も繰り返されます。我々の脳の中に「殺」という言葉が自然と埋め込まれます。

人口が増え過ぎると戦争にしても、病気にしても、殺人事件、自殺にしても、人命軽視の状態になるのか、段々とこの世界がつまらなくなったから、そうなるのか、、、
 
そういう点でもとてもやばい時代になって来た感じがします。あるいは生と死の境がなくなる過渡期かもしれませんし、、。わかりません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daiki

Author:daiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。