スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白のサザン

明けましておめでとうございます。

って、言うのは何故だろうか?と思って調べると、

「年明けを無事に迎えられたことを祝う言葉」

年明けというのは、31日から1日になった瞬間ですが、その時に、あるいはその頃に何か災難や事故、病気になる可能性は他の日に比べて高いとは思えませんが、

勝手に想像して、もしかして、2014年が何事も無く過ぎたという意味でしょうか?
それならば、東北大震災の翌年の2012年は

「明けましたが、無念でした」というべきなのか?

とすれば、1年後の2016年になったときには、

「明けましたが、大変でした。言葉もありません」となると、僕は勝手に想像しています。それで、年初めのブログに何を書こうかと悩んでいました。また、年末年始は親族の家にいて、多い日には14人と一緒だったために、ネットは開かず、話しているか、食べているか、テレビを見ているかでした。テレビは日頃無いので、ネットにはない刺激でした。「だめよ、だめだめ」も初めて見て、なるほどと、、。

今日、ネットを見ると紅白のサザンの歌が問題になっていると知り、早速いろいろ調べてみると、サザンは結構政治的な歌詞を作っているのを初めて知って驚きました。スター歌手が政治的なことを口にするのは珍しく、忌野清志郎や坂本龍一くらいかと思っていました。それで、ちょっと面白かったので紹介します。







紅白のビデオではないですが、この歌をヒトラーのチョビヒゲで歌いました。「ピースとハイライト」


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daiki

Author:daiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。