スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙 公報の問題 1

12月14日、私は生まれて初めてまじめに投票に行きました。何故、今まで行かなかったのか。たぶん、政治の力で何かが突然よくなったという実感がなく、独裁政治で大変な目にあったこともなく、組織票ですべてが始めから決まっているのであれば一人の力なんて、という思いや、まあ生活も良くもなく悪くもなくがずっと続いたからかもしれません。とりあえず、餓えることもなく殺されることもなく行きてきたのですから、まあどうでもいいかという感じでしょうか。

それに比べて今は、「戦争への道」「自給自足的でない国家」「原発国家」が気になり始めました。「死ぬかもしれない」「食えないかもしれない」という危機感が段々と増しているように感じます。崩壊への道へ一歩ずつ進んでいる日本国を憂えたのです。そういえば、憂国という言葉がありましたが、検索すると「国の現状や将来について心を痛めること。」そうですね。

そういう人は多くなっている昨今だと思いますが、それにしては投票率が低いのは、憂国組はそれほど多くもなく、心配はしても投票に行く程でもないのかもしれません。それがやばいと思うのですが。

投票ばかりでなく選挙の公報にもよく目を通しました。先日話していた最高裁判所裁判官の審査というのも、選挙と同時にありました。

それで、「公報」それ自体が問題だと思いました。

これを見てください。「自民」が紙面の四分の三、ほとんど一面といっていいくらいの扱い。他の政党「幸福」「次世代」は四分の一ずつです。「民主」が二分の一。どういうことですか?
3_20141223080343ce1.jpg
4_201412230803454f6.jpg


市役所、県庁、総務省と当たり、いろいろ分かってきました。平成6年から、候補者の人数に応じて紙面の面積が変わったそうです。人数に応じて紙面が変わるのはわかります。しかし、それを利用して主義主張している部分まで面積が変わるというのは筋が通りません。面積や文字の大きさの人間の心理面に対する影響は大きいと思います。

ですから、主義主張は同じ面積で、候補者写真だけ別に出せばいいことです。これでは、自民党があまりにも有利な扱いです。候補が多ければ多い程効果的というのは民主主義に反しませんか。大きな政党程、有利になるわけです。

また候補を沢山出すには、費用がかかるわけです。ということは、金持ち政党程有利だということにもなります。これも民主主義ではありません。よくもこういうことが続いたものです。だれも文句を言う人がいなかったのでしょうか。それ自体も問題です。

税金で作っている公報ですから、国民としては許せません。他の党も何故文句を言わないのでしょうか。これでは大政党以外は、その他大勢的扱いになってしまうのに。

また、それぞれが様々なデザインで自己主張していますが、我々国民はそれぞれの政党を比較しなければなりません。比較するのに、こんなに勝手にやられたのでは比較できません。絵のコンクールじゃないんですから。国民の大部分が知りたいところが比較してわかるようになっていないと意味がないと思います。

例えば

アベノミクスは賛成か否か
TPPに賛成か否か
原発に賛成か否か
原子力ムラはあると思うか
消費税を上げるべきか否か
核を持つべきか否か
米中どちらよりの外交か、中立か
三権分立している国だと思うか
自給自足する国であるべきか否か
各省庁を各都市に分散させるべきか否か
世界でどの国が最も理想的な国だと思うか
大企業の税金を上げるべきか否か
政治家はボランテイアでやるべきか否か

とにかく核心をつくようなアンケート欄を作って答えさせる。
次の選挙の公報には、この答え通りの動きをしたのかどうか、第三者機関に調査させ、それを明記する。

それから、投票場には選ばれた人が見張っています。それも正面からまるで国の権威であるごとくに。これは主権在民の形ではありません。彼らは部屋の後方にいて、問題がないかどうかチェックしているだけで良いのです。あれではまるで選挙民は先生の前で、恥ずかしそうに投票するしかないような雰囲気になってしまいます。堂々としているのが、どうして国民でなく、見張り役なのでしょうか。

我々はどうも我々国民が主役なのだということを知らない、あるいは忘れているのではないでしょうか。我々の国を我々に取り戻すためには、こういう客観的な姿勢で、それぞれをチェックしておかしいところはドンドン指摘していくことが、本当の主権在民にするための根本ではないかと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daiki

Author:daiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。