スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の話ー国債



この世の中、金金の世界になってしまいましたが、それにしては日本国民は個人の金のことは気にしても、我々の大金庫である税金、恐ろしい国債にはあまり関心を示しません。

国債残高が余りに大きくなっているという話を聞きますが、本当にどうなっているのか、今日ネットでわかる範囲で調べてみました。僕自身はあまり得意分野ではないのですが、あまりに知らないこと(関心がないこと)に重要なことがありすぎるのが段々わかって来て、数年前からあれやこれや調べ始めたのですが、国債に関しては初めてです。だいたいあまり使わない用語があり、それだけで敬遠してしまうので、わかりやすく話してみたいと思います。

戦時中に戦費のために、今の金にして56兆円くらいの国債発行(借金)したがために、戦後は国は破綻状態だったのです。それで、これはまずかったということで、借金無しでやっていこうと国は法的にも決定したのです。ところが1964年に東京オリンピックがあり、当時首相佐藤、大蔵相福田のときに、特例として2000億円の借金をしてしまったのです。これが発端です。

戦後の反省はここでついえたのです。お金の面から、戦争での経験は生かされませんでした。今は別の法的な面でもそうなってきていますが、時間が経てば、過去は葬り去られるのですね。ドンドン加速しそうな現在です。それは置くとして、、。

それを毎年のように重ねました。景気がいいときもあったのですから、そういうときには止めておけばいいのに、甘い汁はおいしかったのでしょうか。そしてとうとう現在1200兆円くらいになっているのです。人口で割ると、赤ちゃんから爺さんばあさんまで含めて、一人頭1000万円になります。家族五人ならば、5000万円です。

それじゃ他の国もやっているだろうと思って調べてみると、だいたいヨーロッパの国、ドイツ、フランス、イタリアあたりでは200兆円くらい。スペインで100兆円。中国が200兆円。韓国は50兆円くらいです。経済規模からいけば、韓国もかなりやばいと思われますが、最もヤバいのはアメリカです。はっきりした数字は隠されているみたいですが、それでも米財務副長官が2100兆円、ダラス連銀総裁が9900兆円とか言っており、随分幅がありますが、日本の何倍もありそうです。しかも不良債権(回収困難)が多くて、問題は日本よりも深刻だと思われます。アメリカがつぶれそうだという噂はまんざら嘘ではないようです。

日本の国債に話を戻すと、1200兆円のうちの100兆円くらいは海外から買われていて、90%は日本人が買っているので、多少は安心している面がありますが、海外の投資家は日本の国債を狙っているという話です。日本の国債の額が余りに大きくて(世界一!)、国債の価値が下がってしまい、(ランクはAAA、AA+、AA、AA−、A+、、、、以下Dまであって、日本はA+で先進国の中ではすでに下の方です)それが極端に下がると空売りといって、先に売っておけば儲かる仕組みを利用しようとしてます。それが現実に起こると、国債の金利(利息)が極端に上がり、利息だけで膨大にものになっていきます。借金が大きいのに、利息まで大きくなると国は破綻の可能性があります。戦後の状況になってしまうわけです。

それでは国債はだれが買っているかということですが、個人もありますが大部分は大企業です。銀行、保険会社、あるいはトヨタなどの大会社。これらの会社にあきらめてもらい、借金をチャラにしてしまうと問題は早いですが、政府はいつも大企業を大事にしますから、その可能性はないかもしれません。そうなると我々一般庶民にしわ寄せがくるわけで、貯金没収なんてことがあるのかなあと。

戦後に国債をどうして処理したのか知りませんが、そういうことでもしたのでしょうか。そうなったら、われわれはただごとじゃ済まないでしょう。だから、もう少し関心を持ってもいいはずですが、貯めることばかりに一生懸命になっています。

しかし、戦後の混乱期を映像なんかで見ると面白そうですね。みんな貧しくて、協力しあっていて、何でもありで、混沌としていて、、犯罪も多いでしょうけど。このままじゃ、そういう時代も来るのかなあと思います。

私は個人で調べ、想像で書きましたが、間違いもあるかもしれません。良く知っている人がいれば正確なところを指摘してほしいと思います。しかし、とにかく我々庶民は日常生活ではほとんど知らないところで、恐ろし金の問題が起こっているのは現実であり、それがいつ我々の現実生活を襲ってくるのかということです。襲わない可能性があるとすれば、、、何にせよ、何らかの痛みをともなうだろうと。

13-message77-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daiki

Author:daiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。