スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総減塩主義?

近くの川本町に行ったら、鴨がいました。間近で見ると、とても美しくて可愛い鳥でした。
P5090003.jpg

P5090004.jpg

ところで、この鴨が見えるところに食堂がありました。いつも家で山菜ばかり食べていたので、鳥には申し訳ありませんでしたが、久しぶりに鶏肉(問題のブロイラーでしょうけど、、、)の料理を食べました。肉料理以外にみそ汁ともう一品ありました。それぞれ口にすると、美味しいものと極端に味の薄いものがあり、「何だこりゃ?」みそ汁は色は普通なのに、湯でも飲んでいる感じ。美味しい味を知っている人が作っているのはわかったのですが、それだけに不思議でしょうがなかったのです。

支払いのときにそれを言ったら、「板長が減塩のために、そういう献立にしている」とか

健康のために、「減塩減塩」と世間が言うので、気を利かせたのでしょうけど、だれもかれも減塩したいわけじゃないのに、配慮のし過ぎじゃないの?と思いました。

それに、そこまで極端にすると、減塩料理はまずい料理になってしまうのです。健康のための食事より、美味しく食べれる食事のほうを選ぶ人だっていると思うのです。日本人的な「総減塩主義」?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daiki

Author:daiki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。